【SALE/67%OFF】 MITSUBISHI TC-GXH10P-W パワーブラシ搭載 紙パック式クリーナー プレミアムホワイト 軽量モデル Be-K 最大77%オフ

MITSUBISHI TC-GXH10P-W 【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル プレミアムホワイト

プレミアムホワイト,kodomo-yume.com,13569円,【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル,MITSUBISHI,生活家電 , 掃除機・クリーナー,TC-GXH10P-W,/accessorius620411.html MITSUBISHI TC-GXH10P-W パワーブラシ搭載 紙パック式クリーナー プレミアムホワイト 軽量モデル Be-K 最大77%オフ! 13569円 MITSUBISHI TC-GXH10P-W 【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル プレミアムホワイト 生活家電 掃除機・クリーナー プレミアムホワイト,kodomo-yume.com,13569円,【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル,MITSUBISHI,生活家電 , 掃除機・クリーナー,TC-GXH10P-W,/accessorius620411.html MITSUBISHI TC-GXH10P-W パワーブラシ搭載 紙パック式クリーナー プレミアムホワイト 軽量モデル Be-K 最大77%オフ! 13569円 MITSUBISHI TC-GXH10P-W 【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル プレミアムホワイト 生活家電 掃除機・クリーナー

13569円

MITSUBISHI TC-GXH10P-W 【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル プレミアムホワイト


<TC-GXH10Pについて>

驚きの軽さに、パワフルな吸引力。

≪軽量≫

●持って軽い
 出し入れ軽がる、気軽にお掃除
 押し入れからの出し入れや、持ち運びの際の負担を軽減


 ≪Wのグリップでお掃除が軽快になる「フィジ軽グリップ」≫


●引き回しも軽い
 ・大きな車輪で家具の多い部屋も引き回し軽快。

 ・低いところも奥まで軽がる。

●軽さの理由
 本体素材から、モーター、ホース、コードリールまで、全ての部材を徹底的に見直し、標準質量約400g カットを実現。
 軽快な使いやすさにとことんこだわりました。



●こだわり機能!ブラシの隅にあるゴミまで強力に吸引!
 ブラシ全面で微細なゴミをしっかりキャッチ。
 じゅうたんやフローリングなど、さまざまな床をキレイにします。


●強力吸引で清潔ふとんケア
 ・アレルパンチふとんクリーンブラシ…気になるアレル物質を抑え、しっかりふとんをお掃除!




●サッと引き抜くだけでブラシにからんだ毛がとれる


●排気がキレイ


 
【商品仕様】
集塵方式:紙パック式
クリーナ・ブラシ方式:自走式パワーブラシ
吸込仕事率 (W):320W~約80W
消費電力 (W):850W~約300W
外形寸法:幅208×奥行320×高さ206mm
本体質量 (kg):2.1
総質量 (kg):3.5
集塵容積 (L):1.2
コードの長さ (m):5
付属品:2WAYロングノズル、アレルパンチふとんクリーンブラシ

MITSUBISHI TC-GXH10P-W 【パワーブラシ搭載】紙パック式クリーナー「Be-K」軽量モデル プレミアムホワイト

10年以上使用していた掃除機が壊れたため、紙パック式で最近各社で出している本体重量が2kg位のものを比較検討してこの機種を購入しました。吸込仕事率の数字以上に良く吸うように感じます。自走式のブラシは移動しやすく、ゴミをかき出してる感があって良いです。長いブラシノズルと布団用のノズルが付いているのもありがたいです。
10年以上使用していた掃除機が壊れたため、紙パック式で最近各社で出している本体重量が2kg位のものを比較検討してこの機種を購入しました。吸込仕事率の数字以上に良く吸うように感じます。自走式のブラシは移動しやすく、ゴミをかき出してる感があって良いです。長いブラシノズルと布団用のノズルが付いているのもありがたいです。
マイナビニュース 公式SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
メールマガジン

ご興味に合わせたメルマガを配信しております。
PC/デジタル、
ワーク&ライフ、エンタメ/ホビーの3種類を用意。

無料登録はこちら

マイナビニュースについて

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリーまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。